【淀川区】淀川通りを歩いていたら、電柱が……。


 

2017年 11月2日 木曜日 午前中

淀川通りを歩いていたら、

 

淀川通り 事故 電柱倒れる

 

黄色い道路維持管理の車が停まっていて……

 

淀川通り 事故 信号をはさんで

 

近付いてみると、なんと、電柱が傾いていました!

歩道側から、道路の方に15°位でしょうか?

電線などは無事で繋がっています。

切れたり、垂れ下がったりはありませんでした。

ご安心ください。

 

台風も過ぎた後だし、何事?!と警備の方に尋ねると、

11月2日の朝7時20分頃、ダンプカーがぶつかって、折れたそうです。

 

淀川通り 事故 折れた電柱

 

本来、立っているはずの所から、1mから1m50cmほど歩道側にずれた状態で立っています。

こんなにずれても、電柱ってちゃんと立っているんですね。

ちょっと安心しました。

 

淀川通り 事故 折れた電柱アップ

 

折れている部分はこんな感じです。

外側のコンクリートが粉々に砕け、中の鉄骨がむき出しになっています。

相当な衝撃です!

ぶつかった車から通報があったとのことなので、運転していた方も無事なようです。

 

淀川通り 事故 ライフ前から

 

安全のため、警備の方が付きっきりで、車を誘導されていました。

 

淀川通り 事故 警備車両

 

警備にあたられていたのは、《NTTフィールドテクノ》

全てのトラック、工事中の看板に書いてありましたので、電話線がメインの電柱なのでしょうか?

 

安全確保・車両の誘導、ありがとうございます。

 

 

同日、7時30分~7時45分の間に、付近を走行していた方の話によりますと、

『乗用車が2台、信号付近に停まっており、ただの信号待ちか、事故関係車両かは分からないが、ハザードランプをたいていた。 トラックが歩道に向けて、斜めに(電柱に向かった形で)突っ込んでおり、車体が長いので、後ろが対向車線にはみ出ており、対向車線でも一車線、車線規制が入っていた。』

とのこと。

 

対向車線を走っていても、危なかったんですね。

皆さま、前後の安全確認だけでなく、対向車線にも注意して、走行してくださいね。

 

すっかり直された電柱

 

こちらは、同日、19時30分頃の現場です。

すっかり元通りになっていました。

残念ながら、修復作業は目撃できませんでしたが、半日で電柱が元に戻る事に驚きました。

 

万が一のことがありますから、このような現場に出会っても、決して、むやみに近付かず、また絶対、触ったりすることのないように、お気をつけくださいね。

 

 

 

 

  ⬇  電柱が倒れていたのはこちら。

 

淀川区木川東2丁目2-11

 

 

【けとし】

 

 

 

 

ページの上へ