【淀川区】東京オリンピックまで、あと1,000日切りました! 五輪のメダルは携帯電話や小型家電から? 《DOCOMO SHOP 十三東口店》に行ってきました。


 

2017年10月25日水曜日で、《東京オリンピック》まで、あと1,000日だそうですね。

ボランティアの募集や聖火リレー、勝利者に贈られるお花の準備など、まだまだ決定事項は殆んどありませんが、徐々に盛り上がりをみせていますね。

 

日本と世界の国旗 五輪イメージ

 

 

《東京オリンピック》なんて、日本とは言え、遠い地域のできごと。とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

 

DOCOMOSHOP 携帯リサイクルポスター

 

今回の《東京オリンピック》 は、初の試みとして、メダルを携帯電話や小型家電のリサイクルから作る。

なんて話も上がっています。

(こちらのお話も、まだ一案で、確実な決定事項ではありませんので、ご了承ください。

ですので、今回はDOCOMO SHOPに行ってきましたが、DOCOMO SHOPに持ち込んだ携帯が、必ずしもメダルになるとは限りません。)

 

携帯電話 破壊前

 

今まで大切に使ってきた携帯電話……。

ガラケーからスマホに変わり、2度と使うこともないけど、データなどの心配もあり、気軽に捨てられない……。

 

そんな方もご安心ください。

 

携帯電話 破砕前 電池側

 

持ち込まれた携帯電話は、まず電池パックを抜かれ……。

 

携帯電話 カード類確認後 シール付き

 

SIMカードやUIMカード、SDカードが残っていないか、しっかり確認した後に……。

 

携帯電話 破砕後

 

専用の手動の穴開け機で、目の前で、破砕してくださいます。

 

《決定ボタン》《電源ボタン》《5》(機種によっては《決定ボタン》の変わりになるため)の3つのボタンに、しっかり穴が開いています。

 

携帯電話 破砕後 電池パック側

 

分かりにくいですが、電池パックのあった黒い部分まで、しっかり貫通しています。

これで、万が一、データが残っていても悪用されることはありません。

 

あとは、

《携帯電話の所有権を放棄すること》

《携帯電話をリサイクルすること》

に関する同意書にサインすれば、手続き完了です。

 

携帯電話回収の確認書

 

空いていれば、10分ほどで手続き完了します。

大阪にいてもできる《東京オリンピック》への参加……になるかもしれない《携帯電話のリサイクル》

 

秋の夜長に、大掃除して、出てきた過去の思い出の詰まった携帯電話を、あなたもリサイクルして、気分も部屋も、すっきりさせてみませんか?

 

淀川区内には、《DOCOMO SHOP》は3店舗あります。

興味のある方、詳しくは、お近くの店舗でお訊ねくださいね。

 

 

 

⬇  《DOCOMO SHOP 十三東口店》はこちら

 

淀川区十三東2丁目6-10

 

 

 

  ⬇  《DOCOMO SHOP 西中島店》はこちら

 

淀川区西中島4丁目5-1

 

 

  ⬇  《DOCOMO SHOP  新大阪店》はこちら

淀川区宮原3丁目3-34

 

 

 

 

【けとし】

 

 

 

 

2017/11/04
ページの上へ