【淀川区】ご存じですか? 《新御堂筋》は、徒歩や自転車でも淀川を渡れるんです!


 

2017年大阪マラソンは、11月26日 日曜日に無事に開催されましたね。

その際、《大阪市役所》から《なんば》まで、『御堂筋』もコースに入っていましたね。

 

『新御堂筋(国道423号線)』がある【淀川区】としては、そのまま梅田を越えて北上して来てくれたら、盛り上がるかもしれませんね。

大阪マラソンは、淀川をはさんで、北側はコースから外れるので、寂しい気もします。

 

更に、すぐ川の南側の梅田近辺では、【うめきた】と呼ばれ、《グランフロント》や《ルクア》などの大型施設が、完成されつつありますが、淀川を渡るのに迂回するのが大変・・・。と思っていませんか?

 

ウメダ アイスリンク つるんつるん ポスター

 

現在、《うめきた広場》では、期間限定アイスリンクも開催されてます。

楽しそうなイベントのある《梅田》方面に気軽に自転車で行けたらいいですよね・・・。

 

淀川河川敷 梅田

 

すぐ目の前に見えているのに、川があって、自転車で行けない!と思っている方!

実は、新御堂筋は『自転車や徒歩でも渡ることができる橋』なのです。

 

まずは、『西中島南方』の駅前に行きます。

西中島南方駅前

 

淀川区西中島1丁目12-10

 

そこから、南(淀川)の方に行くと・・・。

 

新淀川大橋 北詰

 

淀川区西中島1丁目11-9

 

階段とその中にスロープ?坂道?があります。

 

新淀川大橋『押してください』 ポスター

 

前からも人や自転車が来ますし、結構、斜度があるので、危険です。

必ず、押して昇降してくださいね。

 

新御堂筋 橋の上

 

ぐるぐる回りながら上りきると、車で通ったことがある方は見慣れた景色に出ると思います。

 

問題は、『新御堂筋の橋を渡ったのはいいけど、南側はどこに出るの?』だと思います。

車で通行されたことのある方は、なおさら、不安かもしれませんね。

新御堂筋の車での淀川の南側の降り口は、いくつかに分かれていて、複雑になっています。

 

徒歩、もしくは、自転車の場合は、南側の端に着いたら、取り敢えず、下りるしかないです。

 

新淀川大橋の表示

 

北区豊崎6丁目18-31

 

実は、『新御堂筋』の橋って、『新淀川大橋』って言うんですね。

橋の南側は、北側と違って、らせん状になっています。

 

御堂筋 螺旋 上から

 

かなり坂道も急で、狭いので、皆さん、自転車の後輪を持ち上げた状態で、下りてらっしゃいました。

なぜなら、・・・。

下りてみると分かりますが、後輪が脱輪するからです!

 

御堂筋南側 螺旋 下から

下りた先はこんな感じです。

淀川河川敷のすぐ南側だとは分かりますが、これではどこにいるのかよく分かりませんね。

 

頭上に新御堂筋を追いながら、更に南下してみると・・・。

 

北区豊崎6丁目11-11

 

 

『大阪市立 中津自転車保管所』の横に出ました。

 

更に道沿いに南下すると・・・。

 

豊崎4西 交差点

 

北区豊崎6丁目3

 

ここは、バス通りですね。

東(左)側に行けば、天神橋筋

西(右)側に行けば、梅田方面です。

 

グランフロントもできて、まだまだ再開発の進む梅田・うめきた。

淀川区からでも、自転車や徒歩で行くことは可能です。

 

《長柄橋》《十三大橋》だけでなく、《新淀川大橋》も利用してみてください!

 

注)『新淀川大橋』は、南側のらせん階段が、本当に急です。

   また、新御堂筋は信号がないので、横を走る車のスピードが速いです。

  《お子さま連れの方》、《後輪を持ち上げて、坂道を下ることが難しい方》が渡ることはあまりお勧めできません。

 

 

【けとし】

 

 

 

2017/12/01
ページの上へ