【淀川区】あけましておめでとうございます! まだ初詣に行っていない人、必見! 今回は、淀川区内の神社を一挙にご紹介します!

2018/01/01 09時00分

 

インターネットで検索してみたところ、淀川区内には、大まかな場所にすると4つの神社が存在するそうですので、今回は、年始スペシャルで、全部の神社を一挙、ご紹介させていただきたいと思います。(goo 調べ

年末の疲れを引きずって、なかなか外に出たがらないお父さん、お子さまがまだ小さく近場の神社にお詣りに行きたいお母さん、寒さに負けて、遠出は避けたい方の参考になればと思います。

正月3が日で、4か所、全てを回って、《御朱印》を頂くのもいいかもしれませんね。

 

香具波志神社 表参道 鳥居

淀川区加島4丁目4-20

 

『香具波志神社』です。 住所:淀川区加島4丁目4-20

淀川区の中でも、北西に位置し、959年に創建された、1,000年以上の歴史のある神社です。

ご祭神は、穀物・食物の神様で伏見稲荷大社の主祭神である『倉稻魂神(うかのみたまのかみ)』 屍からあらゆる食物を生み出したとされる『保食神(うけもちのかみ)』です。

 

塚本神社 正面

淀川区塚本2丁目2-7

 

『塚本神社』です。 住所:淀川区塚本2丁目2-7

淀川区の中では、南西に位置する神社です。

ご祭神は、八坂神社の祭神である『素戔嗚尊(すさのおのみこと)』 伊勢神宮の祭神である『天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)』です。

 

神津神社 鳥居 通常 

淀川区十三東2丁目6-39

 

神津神社』です。 この敷地の中には、他に『福永稲荷神社』『十三戎神社』『六所神社』『山之稲荷神社』の4つの神社が入っています。

(本来なら、こちらは、5か所の神社と数えるべきかもしれませんが、今回は、1か所として数えています。)

住所:淀川区十三東2丁目6-39

淀川区の中では、南側中央、十三駅のすぐ東側に位置する神社です。

神津神社のご祭神は、『応神天皇(おうじんてんのう)』『神功皇后(じんぐうこうごう)』『底筒男命(そこつつのおのみこと)』『中筒男命(なかつつのおのみこと)』『表筒男命(うわつつのおのみこと)』『宇賀御魂神(うかのみたまのかみ)』『菅原道真公(すがわらのみちざねこう)』『少彦名神(すくなひこなのかみ)』『猿田彦神(さるたひこのかみ)』です。

簡単に説明させていただくと、土地の守護神、厄除けの神、武神、殖産興業の神、学問の神だそうです。

福永稲荷神社は『福永稲荷大神(宇気持神) 』 十三戎神社は『今宮戎神社』より勧請(かんじょう) 六所神社は『天照皇大神』『天児屋神』『姫大神』『武甕槌神』『経津主神』『事代主神』 山之稲荷神社は『山之稲荷大神』と、それぞれの神社にご祭神がおられます。

 

蒲田神社 表参道側鳥居

淀川区東三国2丁目18-12

 

『蒲田神社』です。 住所:淀川区東三国2丁目18-12

淀川区の中では、北東に位置する神社です。

ご祭神は、香具波志神社と同じく伏見稲荷大社の主祭神である『宇賀御魂神(うかのみたまのかみ)』 土地の開発・守護と火鎮(ほしづめ)の『別雷神(わけいかづちのかみ)』です。

 

淀川区内にある神社を大きく分けて4か所、ご紹介させていただきました。

(淀川区内で勧請されている神社に関しては、数に入れておりません。)

今年のご自身の目標に合いそうなご祭神の祀られている神社はありましたか?

『一年の計は元旦にあり』

正月3が日を家でゆっくり過ごされるのもよし。 元日から初詣に行って、そのまま近所をゆっくり散歩して過ごすのもよし。

無理のない、ご自身にあった年明けを過ごされることを願っております。

 

今年も《号外ネット》をよろしくお願い申し上げます。

 

 

【けとし】

 

【注目!!】淀川区のクーポンてんこもり

「ゴーガイチケット1月号」はこちらから!

 

ゴーガイチケット新大阪・十三
ページの上へ