【大阪市淀川区】10月31日の十三東2丁目火災。11月2日に現場立ち入り禁止が完全解除に。周辺地帯のお店にも一部影響が残っていました。

2023年10月31日(火)の午後11時半頃から通報が相次ぎ、消防車37台が駆けつける騒ぎとなった『十三東2丁目火災』。ハロウィンの夜であったことも重なり、飲食店が並ぶ繁華街は騒然となったことが、各大手メディアにより報道されています。数時間後に鎮火されましたが、現場はしばらく立ち入り禁止となっていました。11月2日(火)には、一部まだ立ち入り禁止だった現場も解除されたと聞き、実際に訪れてみました。

十三火事-06

十三東三仲町通商店街。

火事の現場は阪急電車十三駅東口からすぐの「十三東三仲町通商店街」「十三東駅前商店街」をつなぐ道に面した飲食店街です。

十三火事-08

十三東二火事現場。向こうに見えるのが「十三東駅前通商店街」のアーケード。

火事の激しさが分かる火元とみられる店舗と周辺の様子。

 

十三火事-09

火事-01

特に激しく燃えたと思われる3店舗は、見る影もなく焼け落ちており、火事の恐ろしさをあらわしていました。

「十三東三仲町商店街」側の店舗ビルにも被害が。

「十三東三仲町商店街」側の店舗ビルも、3軒ほどが猛火に襲われたとみられ、ガラスが割れた焦げた窓も有りました。

火事-09

一見、火事から逃れたように見える建物も、屋根が焼け落ちており、下から空が見えてしまっています。

火事-10

十三東小路にも、被害店舗が。

火事-11

火元周辺と背中合わせになっている「十三東小路」でも、一部では有りますが、延焼したと思われるお店や、消火活動に伴い水を被ってしまい営業が出来なくなっているお店も見られました。

火事-15

こちらの建物も屋根が焼け落ちており、下から空が見えています。

火事-17

「十三東駅前商店街」でも火事の影響がある店舗が。

鳥貴族十三店」にも、火事の影響の貼り紙が有りました。

十三火事-20

お店にお聞きすると、周辺の通信系の線が一部燃えたそうで、通信機器を使用する決済に不具合が起きているようです。当面「現金会計」のみで営業とのことです。

火事-22

今回の『十三東2丁目火災』では、煙で気分が悪くなった通行人の方が1名いらっしゃるそうです。火事による直接の負傷者は無しと発表されており、不幸中の幸いと言えるでしょう。

該当地域でも、直接被害のない店舗は通常営業されています

被災された店舗の皆様にはお気の毒で言葉もありません。心よりお見舞い申し上げます。

出火の原因は「おしぼりの煮沸消毒の為の鍋の火のつけっぱなし」と言われています。今回の惨事を教訓にして、十三エリアではお店側も利用者側も一層の注意を払って、火気に注意していかれることと思います。

しかしながら、そこはポジティブな庶民の街十三、直接被害のない店舗は、完全に通常営業されていることを申し添えたいと思います。

例えば「十三東小路」にある大衆酒場 十三屋さんは大変盛況でほぼ満席な様子が見えました。

是非、元気づける為にも、このエリアに足を運んで、美味しいお酒やお料理を楽しんで頂いたらどうでしょうか。

被災された店舗の皆様の一日も早い復旧を心より願いたいと思います。

『十三東2丁目火災』の現場はこちらです↓

 
 
2023/11/03 08:00 2023/11/03 13:06
竹内由紀子

号外NETの広告出稿はこちら

号外NETメルマガ

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外net 全国で地域ライター募集