【淀川区】2018年11月14日は世界的に何の日か知っていますか? その答えについては11月9日、十三市民病院で色々学べます!

2018/11/05 09時00分

 

2018年11月14日水曜日は「世界糖尿病デー」だそうです。
糖尿病は、贅沢病や成人病、生活習慣病などと言われていますが、実際、どんな理由で発症するのかご存じでしょうか?
インスリンの作用が十分でないためブドウ糖が有効に使われずに、血糖値が高くなっている状態のこと。を言うそうです。
(インスリンとは、血液中のブドウ糖を筋肉や内臓への送り、血糖を下げる働きを持つ臓器だそうです。)
先天的・後天的・妊娠・生活習慣などの原因により、インスリンの作用が低下したり、追いつかなくなり、糖尿病は発症するそうです。

「世界糖尿病デー」といっても、何が行われるのでしょうか?
糖尿病とは直接関係ない方でも、気軽に触れ合えるイベントとしては「ブルーライトアップ」があるそうです。

出雲大社や・・・。

各地のお城・・・。

タワーや大仏までも、ブルーライトアップされるそうです!

淀川区内では、こんなフェスタが開催されます。

ザ淀川 10月号 第10回 十三市民病院 糖尿病フェスタ お知らせ

『第10回 十三市民病院 糖尿病フェスタ』
2018年11月9日金曜日 14時~16時 十三市民病院にて、大阪市十三市民病院糖尿病ケアチーム・淀川桃友会の主催で開催されます。
参加費は無料で、申し込みも不要です!

十三市民病院 外観 西側から

1階リハビリ室では「講演」が行われます。
「あなたは大丈夫? ~人生100年時代~」 講師:糖尿病内科医師
「やってみようロコトレ! ~ロコモ予防で自立した老後を~」 講師:理学療法士

9階スカイルームでは「体験コーナー・展示物など」が行われます。
「体組成」何それ~?:臨床検査技師
今すぐわかる血糖値:看護師
測ってみよう骨密度!:看護師
食事は何キロカロリー?:栄養管理士
お薬・健康食品相談:薬剤師
淀川桃友会のご紹介:患者会

血液検査

(こちらはイメージです)

自身の健康に自信のある方も、ない方も、
糖尿病を身近に感じている方も、そうでない方も、
健康に興味がある方は、足を運んでみてはいかがでしょうか?

 ↓ 『糖尿病フェスタ』が開催される十三市民病院はこちら

【けとし】

ゴーガイチケット新大阪・十三
ページの上へ