【大阪市淀川区】食べ物の“もったいない”をなくし、世界各国のお弁当で、子どもたちに笑顔を届けるために!

コロナ禍の折、様々な活動が制限され、今までとは異なる“新しい生活様式”が始まりました。

戸惑われている方、どう生活を続けていけばいいのかと悩んでいる方、いろんな方がおられると思います。

そんなコロナ禍、今までにない世界の中で新しい挑戦を始めた方々がおられます!

『BohNo(ボーノ)』

こちらの名前は「Broaden our horizons,No obstruction」の略だそうです。

日本語訳は「私たちの視野を広げる、そこに障害物はない」という意味だそうです。

また「BonNo(ボーノ)」の響きがイタリア語の「bouno(ボーノ・美味しいの意)」と同じことも語源のようです。

立命館大学の学生団体で、コロナ禍の2020年8月26日に結成されました。

「“食”から世界の国やその国の問題を知ってもらい、みなさんに自分ができるアクションを考えてもらうこと」を目標とされています。

食べ物の“もったいない”をなくし、世界各国のお弁当を作って、子どもたちに届けておられます。

淀川区内でも活動を予定されています。

 

『第2回 フードロス専門店』

2021年4月3日(土) 12時~16時

場所 淀川区社会福祉協議会

三国本町2丁目14-3(淀川区在宅サービスセンター)

主催 立命館大学学生団体 BohNo

残念ながら、こちらのイベントで配布される「世界各国のお弁当」は、既に定員に達してしまっているそうです。

野菜のサンプル

(こちらはイメージです)

少し大きいだけ、形が悪いだけで、店頭に並ぶことができず廃棄されてしまう予定だった野菜たち。

コロナ禍で行き場をなくした果物たち。

捨てられる予定だった野菜や果物を販売し、フードロスに貢献する『フードロス専門店』

スーパーの半額のものもある、新鮮な野菜がいっぱいの野菜市が開催されるそうです。

詳しくは【BohNo】HPからLINEインスタグラムTwitterYouTubeなどでご確認くださいね。

興味を持たれた方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

 ↓ 2021年4月3日(土)に『第2回 フードロス専門店』が開催される淀川区社会福祉協議会はこちら

淀川区社会福祉協議会 入り口

2021/04/01 04:13 2021/04/01 12:19
けとし
ジモネタ淀川区
号外NET他の地域

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集