【淀川区】社会見学はお好きですか? 大人になっても参加できる社会見学があります! 『淀川探訪ウォーク』に参加してみませんか?

2018/03/13 09時00分

 

日に日に、日中の日差しは暖かくなってきましたね。

先月20日頃には、淀川区内でも梅の花が開花しており、今月は桃の節句がありました。

とうとう天気予報の後には、花粉の飛来量の予測とともに、桜の開花予想も始まるようになりましたね。

いよいよ春は目の前まで迫ってきました。

淀川河川敷 南方方面

春になるとお散歩したくなりませんか?

歩いていると、普段は車や自転車などの乗り物に乗っていて、過ぎ去っていく景色も違って見えます。

適度な運動は食欲も出ますし、外に出ると気分が変わって、健康にもいいですよね。

 

淀川区は北は神崎川、南は淀川と川に囲まれているため、自然と河川敷が身近に感じますね。

河川敷をお散歩するには、暑すぎず、寒すぎず、ちょうどいい季節が近づいてきています。

では、皆さまは川のことをどれくらいご存知でしょうか?

淀川水系は、近畿地方の水がめとして、浄水した後、水道水に使われています。

・・・他には、恥ずかしながら、浮かんできません。

先日見たテレビで少し触れていたのですが、淀川水系にしか存在しない生き物もいるそうです。

では、植物は? 鳥は?

気になった方はいませんか?

よどマガ3月号 淀川探訪ウォーク 

そんなあなたの疑問を解決してくれるかもしれないイベントが開催されます。

おとなの社会見学『淀川探訪ウォーク』です。

開催されるのは、2018年4月3日火曜日 小雨なら結構されるそうです。

8時45分に、淀川区役所に集合して、淀川河川敷を歩いて、天満にある《造幣博物館》前にて、現地解散されるそうです。

定員が決まっており先着40名で、申し込みは、3月12日月曜日~3月22日木曜日ですので、昨日から電話にて、受付を開始しています。

河川レンジャー NEWS №41 表紙

一人で、ただ歩くだけですと飽きてしまいますし、疑問に感じてもなかなか解決するのが難しいですが、こちらに参加すると、他の参加者と交流したり、《河川レンジャー》の方に淀川についての説明も伺えるそうです。

いくつかの講座を受講し、プレゼンテーションを行い、選考を突破して、初めてなれる《河川レンジャー》は頼りになりそうですね。

 

冬の間、寒くて自宅にこもりがちだった方、自然観察がお好きな方、春になり何かを始めたい方、時間が取れるようになった方、興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか?

 

 

 ↓ おとなの社会見学『淀川探訪ウォーク』の集合場所《淀川区役所》はこちら

住所:大阪市淀川区十三東2丁目3-3

淀川区十三東2丁目3-3

 

 ↓ おとなの社会見学『淀川探訪ウォーク』の解散場所《造幣博物館》はこちら

住所:大阪市北区天満1丁目1-79

北区天満1丁目1-79

 

 

【けとし】

 

【注目!!】淀川区のクーポンてんこもり

「ゴーガイチケット3月号」はこちらから

 

ゴーガイチケット新大阪・十三
ページの上へ