【淀川区】十三市民病院で『いきいき健康セミナー「昨今、話題のドーピングについて~禁止薬物の見地から~』が開催されます。 参加費は無料です!

 

2018年5月21日月曜日 14時~15時 十三市民病院 2階 集団指導室にて

十三市民病院 いきいき健康セミナー『昨今話題のドーピングについて? ~禁止薬物の見地から~』が開催されます。

皆さまは「ドーピング」と聞くと、どんなものを想像しますか?

オリンピック選手が、自身の成績を上げるために、反則手として、自身の能力を上げるための薬を飲むことでしょうか?

自身の能力をあげるのはいいことのようにも感じます。 では、何がいけないのでしょうか?

自身で鍛えたのではなく、薬の力に頼っているから? 様々な薬に頼ったのでは公平な勝負ができないから?

だけではないようです。

十三市民病院 いきいきセミナー 昨今話題のドーピングについて

本来、病気の治療や健康維持のための薬を飲み、ドーピングを行うと、元々の健康体に不必要な負担がかかります。

健康が阻害されるだけではなく、過剰な摂取は時として、死に至る危険性もあるそうです。

成績を上げるため、ライバルに打ち勝つため、ドーピングを行った結果、悲惨な状況、最悪の事態を招くことを避けるためにも「ドーピング」は禁止されているのだそうです。

薬と注射器

(こちらはイメージです)

逆に考えると、不健康な方、身体のどこかに疾患がある方にとっては、お薬は必要なものですよね。

今、治療のために飲んでいるお薬があるとします。 飲みすぎたらどうなるのでしょうか?

上でお伝えした通り、必要であるから飲んでいる、健康にしてくれるはずのお薬が、過剰に摂取したり、飲み合わせが悪かったことで、毒に変わることも考えられます。

そうならないために、「お薬手帳」があり、薬剤師さんに相談するわけですね。

オリンピック選手や国を代表するようなスポーツ選手だけではなく、私たち一人ひとりにとって、ドーピングは身近な存在なのですね。

十三市民病院 西側から

開催されるのはこちら《十三市民病院》 2階 集団指導室で、参加費は無料です。

以前、ご紹介した《糖質と脂質の正しい知識 ~おいしいものは糖と脂でできている~》と同様のセミナーですね。

十三市民病院では、様々なセミナーや企画が催されていますが、少し離れている所に住んでいて、交通手段がなく、お困りの方はいませんか?

十三市民病院 患者送迎バス

十三市民病院へは、こちら患者送迎バスも出ています。

十三市民病院 患者送迎バス バス乗り場案内

バス停は「阪急三国駅」「三国本町3丁目1番(セブンイレブン付近)」「西宮原3丁目1番(宮原中学校東南角付近)」「西宮原1丁目8番(愛媛銀行付近)」「三国本町1丁目14番(ダイソー付近)」「十三市民病院」の6か所です。

道路事情で、乗車位置が変動したり、到着が遅れることがありますが、それはマイカーであっても、大阪シティバスであっても変わりませんよね。

また、1周するのにかかる時間の目安は約25分です。

十三市民病院 患者送迎バス 時刻表

運行時刻表は上の写真の通りです。

病院がお休みの土・日・祝日は運休します。

病院で受診したいが、体調が悪く通院が困難であるときは、こちらもご利用くださいね。

 

 ↓ 『昨今、話題のドーピングについて』が行われる《十三市民病院》はこちら

住所:大阪市淀川区野中北2丁目12-27

淀川区野中北2丁目12-27

 

【けとし】

 

【注目!!】淀川区のクーポンてんこもり

ゴーガイチケット5月号」はこちらから

ゴーガイチケット新大阪・十三
ページの上へ